黒豆を植えたよ!!

福田保育園

 

毎年6月上旬に、5歳児の子ども達が黒豆を植えます。品種は「丹波篠山丹波黒」です。ポットに土を入れるところから始めます。芽が大きくなると、畑に植え替え、秋に収穫します。収穫した豆は、もちつきで豆もちにしたり、おせち料理の煮豆にしていただきます。

hukudakuromame01
先生に黒い種をもらったよ。
「何の種かな?」 「豆かな~?」 「黒豆じゃ!!」

hukudakuromame02
皆で植えてみよう。
「ポットに土を入れて」 「指で穴をあけて」 「先生がふたつ植えていいよって言ったよ」

hukudakuromame03
「お水をあげて 大きくなぁれ!!」 「わぁ 芽が出たよ!!」

hukudakuromame04
植え替えよう。
「上手に植えるよ」 「そーっと土の中に!!」

hukudakuromame05
黒豆がたくさん収穫できたよ。
「いっぱいとれたね!!」 「どうやって食べる?」

hukudakuromame06

もちつきで おいしい豆もちになりました。

豆の皮、むいたよ~

みどり町保育園

5月は豆の美味しい季節ですね。保育園では、初旬から下旬にかけて、年長児たちがせっせと皮むきをしてくれます。
大きな豆、小さな豆、長い豆、プリプリぷっくり…

midorimame00

midorimame01

ふかふかベッドに入っていて、デッカイへそのある「そら豆」。
ちっちゃくてぎゅうぎゅう詰めの「アラスカ」…
ツメの中が黒くなっても、青くさい臭いがしても、みんな下を向いて皮をむくのに夢中で熱中!?

midorimame02

midorimame03

8割程むけたところでやっと周りを見るゆとりが…
袋にずっしりと集めた豆・豆・豆!!
今日は給食の「豆ごはん」と「茹でそらまめ」のおやつに変~身☆
『いっただっきまぁ~す♪』
さあ、今度はトウモロコシの皮をむくぞ!

大きなタケノコ持ってみよう!

白鳩保育園

sirobatotakenoko00

白鳩保育園では、夏にする桃の丸かじり用の桃を頂いている太田農園さんのご厚意で、岡山市日応寺で出来る「孟宗竹の筍」を毎年4月いただきます。今年は一本9kgと7kg、5kgの物をいただきました。

sirobatotakenoko01

9㎏、7㎏、5kgのタケノコです

5歳児から0歳児まで、クラスごとに自分の持てるものをさげてみます。大きな筍は、なにか生き物のようにみえ、怖がることももいます。重くて持ち上がらない子、顔を真っ赤にして持ち上げる子、いろいろです。

子どもたちはこうした体験をすることで、筍の生臭い匂いや感触、手に付く茶色の毛など、これら全てで「たけのこ」という総合的な認識を持つことができます。

sirobatotakenoko02

sirobatotakenoko03